まずは、東京オートサロンで出されたアルトターボからです。

これは市販されましたね。

展示用の派手なカラーとはまた違った感じだったと思いますが、出せば一定数売れる商品になりそうです。

今回のアルトから相当軽量化されましたから、これにターボエンジンが付けば安いスポーツ車の出来上がりです。


次はスバル

車種とコンパニオンは新しいですが、基本的には昭和時代のセンスじゃないでしょうか。一部のおじさんにしか注目されませんね。残念ながら。


ダイハツもこんなスポーツカーをFMCさせてます

嫌いじゃないです

でも誰が買うのか不明

軽自動車ですから、おじさんがオープンで乗っていると恥ずかしい

若者もはずかしいし、興味すら無い

デザイン変更しやすいとか言われても消費者にはなんだか伝わりません


ピンククラウンはちょっと話題になり、宣伝効果としてはアリだったでしょう

しかし、これは意味不明

この後に続く、変色は出ませんでした


2015年の東京オートサロンです

懐かしいですね

いいですよ、こういうのも

ネタがないのでしょう

おっさんは多少反応してくれます


マツダは赤ばっかり

目立っていいですね

ブランドイメージ変えるためか、なかなか攻めの姿勢です


東京オートサロンは入場料が高いのがネックです

それでも週末のみ開催なので、わりと人口密度高い

都心から遠い幕張メッセなのに

トヨタの最新モデル

エスティマで車中泊

オートサロンのコンパニオン

東京オートサロンで撮影

RX-9は発売されるのか

エクストレイルでピクニック

幕張メッセで開催

アリオンは人気セダン

東京オートサロンへの行き方

CR-Zでスポーツ走行

千葉でオートサロンが開かれる

オートサロンの楽しみ方

ホンダはシビックを販売する

東京オートサロンの集客力

東京オートサロンに出展

N-WGNの販売は好調

スープラのフルモデルチェンジはいつ

オートサロンでの人気ブース

スバルは最新のボクサーエンジンを開発

大阪オートメッセとの違い

ヴェゼルは今でも査定額が良い

カスタムパーツも見てみる

セレナは日産のミニバン